トラクターの買い替え時期


トラクターの買い替え時期、それは人によって異なりますので断定はできません。無責任な発言のように感じますが、トラクターは車と同じエンジンで動く機械なのですが、車と違い実用的要素が強過ぎるため、使用する人によって違い過ぎるのです。農地が大きめで使用頻度が高く、計画的経営を行っている人は買い替え時期は短いでしょう。ですがそう大きくない農地で、頻度が高くない専業農家でない人などは、機械の負担があまりかからないため買い替え時期は長いのです。ここまでですと車に対する走行距離と似ていますが、車と違うのは流行やデザインがあまり関係ないということです。

トラクターを購入するさいには、流行やデザインなどにこだわる人もいて当然です。ですが流行から外れたから、デザインに飽きたからと車を買い換える人はいても、トラクターを買い換える人はいません。トラクターはあくまで実用的な機械であり、車のように乗って楽しむといったような趣味的要素は皆無といっても過言ではありません。トラクターの買い替え時期は、予算的なものもありますし、機械的な不具合が起こった時、事業の拡大などトラクターを扱う人によって理由はそれぞれであり、理由の数だけ買い替え時期も変わってくるのです。ただどんなに大切に扱っていても、トラクターは実用的な機械でありますので、買い換えなくてはいけないことがあります。それはメーカーにパーツが無くなるときです。こうなっては故障しても直せませんので、買い替えるしかないのです。


管理者